インフィニティの市販EV、Qインスピレーションの車台がベースに…北京モーターショー2018で発表

インフィニティ Qインスピレーション コンセプト
日産自動車の海外向け高級車ブランド、インフィニティは4月23日、中国で開催した北京モーターショー2018のプレビューイベントにおいて、『Qインスピレーションコンセプト』の車台が、将来の市販EVのベースになると発表した。

Qインスピレーションコンセプトは、自動運転技術や乗員重視のインテリアデザインの採用により、中型セダンセグメントの顧客を満足させるインフィニティならではの豊かなドライビング体験を提案する1台。

外装は、ダイナミックで自信に溢れる明確かつ簡潔なラインが特徴。次世代のパワートレーン時代に向けて、インフィニティの新しいデザインランゲージを表現する。また、伝統的なセダンの形ではなく、クーペのようなラインと細長いシルエットにより、このセグメントにおけるデザインビジョンを具現化した。

内装は、無駄を削ぎ落とし、クリーンで簡素なデザインを導入。静粛性と快適性を追求する。部分自動運転の「プロパイロット」も搭載。渋滞走行や巡航走行といったドライバーがストレスを感じるシーンにおいて、運転を支援する。

インフィニティは、このQインスピレーションコンセプトの車台を、今後5年以内に市販するEVのプラットフォームのベースとする方針。世界最大の新車市場の中国において、加速している電動化に対応していく。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス