自動ブレーキ割引、おとなの自動車保険も導入へ

セゾン自動車火災保険は、保険始期日が2018年7月1日以降の契約を対象に、「おとなの自動車保険」に自動ブレーキ(ASV)割引を新設すると発表した。

近年、自動ブレーキ等のドライバーの安全運転を支援するシステムを搭載したASV(先進安全自動車)の普及が進んでいる。おとなの自動車保険では、契約の自動車が交通事故軽減効果の高いAEB(衝突被害軽減ブレーキ)を装備し、かつ一定の条件を満たす場合に、「自動ブレーキ(ASV)割引」として保険料を割り引く。割引率は9%。ただし、割引が適用とならない項目や特約があるため、年間保険料から9%の割引とはならない。

ASV割引制度は2018年1月にスタート。すでに東京海上日動や三井住友海上、損保ジャパン日本興亜、あいおいニッセイ同和損保、SBI損保、さらに通販自動車保険大手のソニー損保や三井ダイレクト損保も導入を発表。各保険会社で導入が進んでいる。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス