ボッシュの税引き前利益17%増、コネクトカーや電動化が貢献 2017年通期決算

2017年通期決算を発表するボッシュ取締役会のフォルクマル・デナー会長
ドイツに本拠を置く自動車部品大手、ボッシュグループは4月25日、2017年通期(1~12月)の決算(確定値)を発表した。

同社の発表によると、2017年通期の売上高は、781億ユーロ(約10兆4040億円)。前年の731億ユーロに対して、6.8%増だった。

また、2017年通期のEBIT(支払金利前税引き前利益)は、53億ユーロ(約7060億円)。前年の45億ユーロに対して、17%増と2桁の伸びで、増加に転じた。

事業別の業績では、モビリティソリューションズ部門の売上高が、前年比7.8%増の474億ユーロと好調。為替レートの影響を調整した場合、伸び率は9.4%となる。

モビリティソリューションズ部門では2017年、コネクトカー関連の売上が、前年比およそ40%増と大きく伸びた。電動パワートレーンシステムの新規契約分の売上も、2017年はおよそ40億ユーロに到達した、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス