トヨタの世界生産、900万台割れで2年ぶりのマイナス 2017年度

トヨタ堤工場(資料画像)
トヨタ自動車は4月26日、2018年3月および2017年度(2017年4月~2018年3月)の生産・国内販売・輸出実績(速報)を発表した。

●シェア、1.9ポイントダウンの42.0% 3月

3月度の世界生産台数は前年同月比5.3%減の80万9916台で、2か月連続のマイナスとなった。

国内生産は同1.0%増の30万3715台で6か月連続のプラス。しかし海外生産は北米や欧州、アジア、豪州で減少し、同8.7%減の50万6201台で2か月連続のマイナスとなった。

国内販売は同8.6%減の18万8027台で4か月連続のマイナス。レクサスブランド車の販売は新型『LS』の発売効果もあり、同38.1%増の7769台。軽自動車の販売は同27.1%増の4022台だった。除軽市場のシェアは同1.9ポイントダウンの42.0%となった。

輸出は同12.9%増の17万2955台で6か月連続のプラス。北米や中南米、アジア、オセアニア、中近東に向けた輸出が増加した。

●国内販売、2.4%減の159万7471台で3年ぶりのマイナス 2017年度

2017年度のグローバル生産台数は前年1.7%減の892万3463台で、2年ぶりのマイナスとなった。

国内生産は同0.3%増の319万8912台で2年連続のプラス。海外生産は北米、アジア、豪州、アフリカで減少し、同2.8%減の572万4551台で、2年ぶりに前年実績を下回った。

国内販売は同2.4%減の159万7471台で3年ぶりのマイナス。レクサスブランド車の販売は同7.2%増の5万2658台。軽自動車の販売は同9.2%増の3万2399台となった。除軽市場のシェアは46.9%で、前年と比べて1.1ポイントダウンした。

輸出は同9.0%増の188万2463台で5年ぶりのプラス。北米や中南米、アジア、オセアニア、中近東、アフリカに向けた輸出が増加した。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス