ブガッティ、1500馬力の世界最速ロードスターを計画中か

ブガッティ シロン ロードスター 予想CG
仏のスーパーカーブランド、ブガッティが『シロン』のオープンモデルとなる『シロン ロードスター』を計画している可能性があるという情報を入手した。

同ブランドのマーケティング責任者、ステファン・ブルングス氏は2016年、『ヴェイロン』後継モデルへのコンバーチブルやロードスターは投入しないとアナウンスしていたが、ここに来てロードスター計画がスタートした可能性があると言う。

さらに今回はそのデザインを予想するレンダリングCGも入手。タルガトップに処理されたCGは、違和感はないものの、剛性向上やルーフをしまうスペースの確保が必要のようだ。

ブガッティは、2018年3月のジュネーブモーターショーで『シロンスポーツ』を発表。ミッドシップに8リットルW16気筒+4ターボエンジンを搭載し、最高出力は1500ps、最大トルク163kgm/2000-6000rpmを引き出す。これはクーペと同じ数値だが、新開発の軽量エキゾーストシステム、最大77%の軽減がされるカーボンファイバー製フロントガラスワイパーなどにより、40ポンド(約18kg)の軽量化を図ると共にハンドリングの質が高められ、パフォーマンスが向上している。

シロンロードスターが登場すれば、恐らく更なる軽量化が図られると予想され、シロンスポーツ以上のパフォーマンスも期待出来るだろう。そうなれば、最大出力1500psの世界最速オープンモデルの誕生となるはずだ。シロンは、既に70台のデリバリーが済んでおり、2018年内には100台が見込まれている。

この最強オープンモデルの登場は、早くても2020年以降となりそうだ。



(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

[提供元:レスポンス]レスポンス