BMW 1シリーズセダン は中国専用、駆動方式が…北京モーターショー2018

BMW 1シリーズセダン(北京モーターショー2018)
北京モーターショー2018の会場を歩いていると、「こんなのがあるんだ?」という中国専用車を見かけることがある。

それも地元のメーカーではなく、グローバル展開しているメジャーブランドのモデルとしてだ。多くはセダンのストレッチバージョンだったりするのだが、時には未知なるボディタイプに遭遇することも。

2018年の北京モーターショー会場で見かけた中国専用車のなかで「これはうらやましい」と思ったのがBMW『1シリーズ』のセダン。最初に見たときは「ずいぶん小さく見える『3シリーズ』だな」と誤解したが、実は3シリーズよりひとまわり小さなCセグメントセダンである。

1シリーズは中国以外では3ドアもしくは5ドアのハッチバックしかないが(2シリーズとしてはクーペやカブリオレも存在)、中国ではなんと4ドアセダンが用意されているのだ。

バリエーションは3気筒の1.5リットル・ターボエンジンを搭載する「118i」と4気筒2.0リットル・ ターボを積む「120i」と、その高出力版である「125i」だ。生産を担当するのはブリリアンスオートである。


ただし、このモデルの最大の注目は実は駆動方式かもしれない。1シリーズがベースだからハッチバックと同じく後輪駆動で、適度なサイズに2.0Lターボエンジンを積んだコンパクトFRセダンだから走りが楽しそうでうらやましい……、と思ったら大間違い。なんと、FFなのである。

つまり、1シリーズハッチバックのセダンというよりは、『2シリーズ・アクティブツアラー』のセダン版という表現が正解。ホイールベースも2シリーズ・アクティブツアラーや『X1』そして『MINIクラブマン』と共通の2670mmである。うらやましいけれど、FFだったことである意味ちょっと安心した。


(レスポンス 工藤貴宏)

[提供元:レスポンス]レスポンス