小型二輪車新車販売、Z900RS 効果でカワサキが5か月連続シェアトップ 4月

カワサキZ900RS
全国軽自動車協会連合会は5月2日、4月の小型二輪車(251cc~)新車販売台数を発表。前年同月比7.0%増の8566台で、2か月ぶりに前年同月実績を上回った。

ブランド別では、カワサキが同90.2%増の2507台で5か月連続のプラス。『Z900RS』投入などによる大幅増で、5か月連続のシェアトップとなった。

ホンダは同5.9%減の1957台で7か月連続のマイナス。ヤマハは同30.2%減の1285台で3か月連続のマイナスとなった。スズキは同34.5%増の846台で2か月連続のプラス。輸入車などのその他は同8.0%減の1971台で4か月連続のマイナスだった。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス