PSA傘下のオペルが進めるプロジェクト「X」の正体とは…?

オペルが計画しているSUVシリーズの予想CGを入手。モンツァX(左上)、アダムX(右上)、モッカX(下)
オペルのクロスオーバーSUV、次世代プロジェクトの情報をレンダリングCGと共に入手した。現在、次期型が開発中の『モッカX』を始め、新たに3車種のクロスオーバーSUVが設定されるという。

その一台は同ブランドのAセグメント・コンパクト『アダム』に設定される本格クロスオーバーSUV、『アダムX』だ。2014年にはSUVテイストの『アダム ロックス』が発売されているが、次期モデルでは、よりオフロード色を強めたデザインが予想される。

もう一台は1978年から1987年まで販売されていた、オペルのフラッグシップ・2ドアクーペ『モンツァ』のクロスオーバーSUV、『モンツァX』だ。「モンツァ」は、2013年のフランクフルトモーターショーで「モンツァ コンセプト」として復活。コンセプトでは、ガルウィング1枚ドアの近未来クーペだったが、モンツァXでは、ボクシーな旗艦クロスオーバーSUVとしてデビューすることが予想される。メルセデスベンツ『GLS』がライバルになるだろう。そして三兄弟の真ん中に位置するのが、『モッカX』次期型ということになる。

GM傘下で誕生したオペルモッカは、シボレー『トラックス』とビュイック『アンコール』の兄弟車だった。これらの祖先にあたるクルマに『トラッカー』があり、このトラッカーはスズキとGMとの合併企業「CAMIオートモーティブ」によって製造されている。すなわち、SUV『エスクード』とは兄弟関係という過去があり、モッカXはエスクードとは遠縁の親戚関係と言える。

これら「X」シリーズのプラットフォームには、PSAグループが開発した「EMP2」アーキテクチャを採用し、先ずはモッカXが2019年にも登場が予想されている。その後順次、アダムX、モンツァXがワールドプレミアを迎える。



(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

[提供元:レスポンス]レスポンス