メルセデスAMG GTロードスターに「S」、最新先進運転支援を搭載

メルセデスAMG GT S ロードスター
メルセデスベンツは5月14日、メルセデスAMG『GT S ロードスター』を発表した。

メルセデスAMG GT S ロードスターの直噴4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンは、最大出力522hp/6250rpm、最大トルク68.3kgm/1900~5000rpmを発生。0~100km/h加速3.8秒、最高速308km/hというパフォーマンスを実現した。

また、メルセデスAMG GT S ロードスターには、最新の先進運転支援システム(ADAS)を搭載。「ディスタンスパイロットディストロニック」は、レーダーセンサーにより先行車を認識して、最適な車間距離を自動でキープ。ドライバーの疲労を軽減し、安全性を高める。

「ブラインドスポットアシスト」は、レーダーセンサーにより、車両の斜め後方をモニター。そこに車両がいる場合は、警告によって安全な車線変更をサポートする。「レーンキーピングアシスト」は、フロントウインドウのカメラが前方の車線を認識。ドライバーの不注意による走行車線の逸脱を教えてくれる。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス