三菱電機、自動車機器を製造する広畑工場の新棟が竣工

三菱電機の姫路製作所広畑第8工場
三菱電機は、モータージェネレーターやHEV・EV用インバーターを増産するため、姫路製作所広畑工場(兵庫県姫路市)に建設していた新棟(第8工場)が、5月22日に竣工した。

工場は順次稼働を開始し、自動車機器事業の拡大を目指す。

地球環境保護の観点から、世界の自動車市場ではHEVやEVなどの電動車両の普及が急加速している。同社は今回、姫路製作所広畑工場内に第8工場を建設し、需要拡大が見込まれるモータージェネレーターや、HEV・EV用インバーターの生産体制を強化する。

建物は4階建てで、延べ床面積が約2万4000平方メートル。投資額は約70億円。

同社では今後もパワーエレクトロニクスや車載制御、モーター巻線の独自技術を強みとする製品を開発・生産し、自動車機器事業の拡大を図る。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス