フィリピントヨタ自動車部品、アイシンの子会社へ 海外MT事業の競争力強化

フィリピントヨタ自動車部品(webサイト)
トヨタ自動車とアイシン精機は5月24日、マニュアルトランスミッション(MT)事業の競争力強化を目的に、トヨタの子会社であるフィリピントヨタ自動車部品(TAP)をアイシンの子会社にすると発表した。

両社は、TAPへのアイシンからの出資比率を現状の34%から61%に引き上げ、アイシンの子会社とすることに合意。今後はアイシンが主体となってTAPの事業運営を行い、社名を「トヨタ・アイシン・フィリピン株式会社」に変更する。

トヨタとアイシンは2014年11月、アイシン子会社であるアイシン・エーアイ、トヨタの2社にまたがるMT関連機能をアイシン・エーアイに集約し、競争力強化を目指していくことに合意した。量産車向けMTの開発機能および国内生産の集約・移管は2017年1月までに完了。海外でのMT事業についても、2016年1月にアイシンがTAPに一部資本参加し、事業運営に参画してきた。

TAPは今回の変更により、トランスミッションに強みを持つアイシンの子会社として、その専門性や知見を活用しながらいっそう効率的に生産すべく取り組んでいく。具体的にはアイシン・エーアイの拠点からMT生産の一部をTAPへ集約して稼動率を高め、さらには約12億フィリピンペソ(約25億円)の投資を行い、オートマチックトランスミッション部品の生産も新たに開始。トランスミッションの競争力強化に向けた取り組みを加速させ、TAPの事業拡大を目指す。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス