人気コンパクトSUV「プジョー 2008」次期型デザイン予想…3008を継承

プジョー 2008 次期型レンダリングCG
プジョーのコンパクト・クロスオーバーSUV『2008』次期型の最新スクープ情報をもとにした、予想レンダリングCGを入手した。欧州コンパクトクラスSVUで、売上トップを争うまで成長したPSAを代表する2008は、2019年さらなる進化を見せる。

次期型では、兄弟モデルである『3008』や『5008』からインスパイアされたデザインが予想されている。現行モデルでも特徴的だったヘッドライトはさらに個性的に、グリルまで届くLEDデイタイムランニングライトを伴い、より鋭いデザインとなる。また巨大化されたバンパーのエアインテーク、押し出し感を強めたスキッドプレートなどにより、スポーティかつアグレッシブなアピアランスに進化する。

室内では、PSA最新のテクノロジーを詰めた美しい「i-Cockpit」デジタルインストルメント・クラスタを採用。やはり3008と5008から継承する、コンパクトなステアリングホイールにより、デジタル画面の視認性を高め、8インチのタッチスクリーンディスプレイがセンターコンソールを占める。

パワートレインは、1.2リットル直列3気筒エンジン、及び1.5リットル直列4気筒「BlueHDi」ディーゼルエンジンが予想される。また2008の直系ハッチバックモデルとなる『208』新型には、EVモデルの設定が噂されている。

ワールドプレミアの場は、2018年内から2019年にかけてのモーターショーとなるだろう。



(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

[提供元:レスポンス]レスポンス