ボッシュ、自動運転向けセンサーやソフトを開発…技術センター開所

ボッシュの技術センター開所式。ドイツのメルケル首相やポルトガルのアントニオ・コスタ首相が出席した
ボッシュは5月30日、自動運転向けのセンサーやソフトウェアを開発する技術センターをポルトガルに開所した、と発表した。

この技術センターでは、自動運転車のコンポーネントを開発。車両安全システム用のセンサーの開発と製造に加えて、自動車の位置を正確に判断できるセンサーも生産する。2018年末までに、200人以上のエンジニアを雇用し、自動運転車のためのセンサーとソフトウェア開発に取り組む予定。

さらに、ボッシュは、ポルトガル国内トップクラスの大学のひとつ、Minho大学と研究提携を締結。大学とのプロジェクトでは、この技術センターにおいても自動運転用センサーの共同研究を行う予定。 このパートナーシップは今年開始され、3年間継続される。

技術センターの開所式には、ドイツのメルケル首相、ポルトガルのアントニオ・コスタ首相が出席。ボッシュのディルク・ホーアイゼル取締役は、「技術センターが、今後の重要なプロジェクトのひとつ、自動運転の発展に貢献していく」と述べている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス