ラリーを題材にした映画『OVER DRIVE』公開中、クルマ好きも楽しめる作品と話題に

映画『OVER DRIVE』
ラリーの世界を舞台にした映画『OVER DRIVE』が6月1日(金)より全国東宝系で公開中。クルマ好きはもちろん、モータースポーツやラリーのことを知らない方も楽しめる作品として話題となっている。

この作品は、東出昌大演じるラリーメカニックの兄・檜山篤洋と、新田真剣佑演じる世界の舞台を目指す天才ラリードライバーの弟・檜山直純の兄弟愛を描いた映画。その舞台となっているのが、世界的にも有名な自動車競技「ラリー」だ。

人気の2人が主演を務めていることもあり、封切り前から注目を集めていた作品だが、それに加えて話題となっているのが、ラリー競技やメンテナンスシーンの演出。

最新の撮影機材を駆使したほか、ラリーならではの景観を求め、全国各地で撮影が行われ、走行シーンについては封鎖された一般公道を使用。ラリーやモータースポーツの迫力を余すことなく再現されている。特にマシンのメンテナンスを行うサービスパークはWRCのそれを彷彿とさせるほど作り込まれており、大きなスクリーンで実際のラリーを観戦しているかのような錯覚に陥るほどの迫力ある映像に仕上がっている。

ただ、前述の通り兄弟の絆を描いた人間ドラマが中心の内容となっているため、ラリーの迫力をそのまま再現しているものの、ラリーやモータースポーツを今まで観たことがない人も十分に楽しむことができる作品になっているのが印象的だ。

久しぶりにモータースポーツを題材にした映画が登場した。モータースポーツファンやクルマ好きはチェックしておきたい作品だ。

(レスポンス 吉田 知弘)

[提供元:レスポンス]レスポンス