DS 3 初の派生モデルはEVクロスオーバーに…室内をスクープ

DS 3 クロスバック スクープ写真
DSの最小クロスオーバーSUV『DS 3 クロスバック』の最新プロトタイプ、及びそのキャビン内をレスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えた。

DSは、シトロエンから独立したラグジュアリーブランドだ。同ブランド初のモデルとなったのが、2009年に登場したCセグメント・3ドアハッチバックの『DS 3』だった。そのDS 3初の派生モデルが、このクロスオーバーSUVであるDS 3 クロスバックだ。

エクステリアは重いカモフラージュのため、ヘッドライトのアウトラインさえ不明だ。但し、兄貴分の『DS 7 クロスバック』のデザインを継承するのではないかとも噂されている。

初めて捉えたキャビン内は、DS 7 クロスバックとは大きく異なっていることが確認出来る。兄貴分の12インチセットアップと比べ、かなり小さいディスプレイを備えたタブレット型のインフォテインメントシステムとなるという。またその下にあるダイヤモンド型の3つのクラスタやエアコン吹き出し口は特徴的だ。

DS 3 クロスバックは、中国・東風汽車と共同開発したEV用プラットフォーム「e-CMP」を採用するDS初のEVとなる可能性が高く、テスト車両のエキゾーストパイプはフェイクと思われる。50kWhバッテリーを搭載し、航続距離は450km、最高出力は115ps程度と予想されている。

ワールドプレミアの場は10月のパリモーターショーと思われるが、それ以前、数週間後に公式写真が公開される可能性があるようだ。



(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

[提供元:レスポンス]レスポンス