ボルボカーズ、樹脂製部品の25%以上をリサイクル素材に…2025年から

内装にリサイクル素材を使用したボルボXC60の特別仕様車
ボルボカーズは6月18日、2025年以降に発売される新型車の樹脂製部品の25%以上に、リサイクル素材を使用すると発表した。

ボルボカーズは5月、2019年末までにボルボの世界中のすべてのオフィス、社員食堂、イベントで使い捨てプラスチックの使用を止めると発表。2000万個以上の使い捨てプラスチック製品を紙、パルプ、木材などの生分解性原料を使用した持続可能な製品に置き換えることにより、140トン以上の使い捨てプラスチック製品を非プラスチック製の代替製品に置き換えることができると予測する。

今回の発表も、ボルボカーズが地球規模での環境負荷を最小限に抑えるという決意を強調するもの。ボルボカーはすべての事業と製品において、環境への影響を低減することをコミットメントに掲げる。

今回の発表に合わせて、ボルボカーズは『XC60』のプラグインハイブリッド車(PHV)をベースにした特別仕様車を発表。放棄された漁網などの海洋から回収された材料を含む100%リサイクル素材を、内装に使用している。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス