トヨタ、オープンソースの自動運転シミュレーターの開発を支援

オープンソースの自動運転シミュレーター「CARLA」
トヨタ自動車の米国子会社、TRI(トヨタ・リサーチ・インスティテュート)は6月21日、オープンソースの自動運転シミュレーター「CARLA」(Car Learning to Act)の開発を支援すると発表した。

CARLAは、自動運転システムの開発と検証に向けたシミュレーターソフトウェア。このシミュレーターは、現実世界では検証が困難な状況下においても自動運転車の安定性を担保するのが目的。バルセロナ自治大学の研究センター、「コンピュータ・ビジョン・センター」(CVC)が開発し、オープンソースとして「GitHub」上で公開している。

CARLAは、現実に起こりうるさまざまな走行環境を再現。ユーザーは、各プロジェクトのニーズに応じて環境を拡張・修正しながら、運転シミュレーションを行うことができるのが特徴。

TRIは、CARLA を開発しているCVCへ、10万ドルを助成。今回の資金提供や技術的支援を通じて、CARLA開発チームの拡大やシミュレーターの性能向上を図っていく、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス