三菱自動車、グリーン電力証書 2万5000kWhぶんを購入 新オフィスなどを再生可能エネルギーで賄う

グリーン電力証書
三菱自動車は「グリーン電力証書システム」の仕組みを活用し、日本自然エネルギーから「グリーン電力証書」(2万5000kWh)を購入。6月22日に開催する定時株主総会会場で使用される電力を再生可能エネルギーで賄うと発表した。

三菱自動車では気候変動・エネルギー対策を重要な経営課題と位置付けており、事業活動における脱炭素化に向けた取り組みの一環として、さまざまな形で再生可能エネルギーの導入を推進している。

グリーン電力証書システムとは、再生可能エネルギーとしての電気の環境付加価値を、証書発行事業者が第三者機関の認証を得て、「グリーン電力証書」という形で取引する仕組み。2018年度はこのグリーン電力証書の仕組みを活用し、2018年10月から稼動する新R&D オフィス(愛知県岡崎市)や2019年1月に移転する本社新オフィス(東京都港区)で使用する電力のすべてをグリーン電力で賄う計画だ。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス