スバル XV、最新アイサイト採用…2019年モデルを米国発表

スバル クロストレック(XV)の2019年モデル
SUBARU(スバル)の米国法人、スバルオブアメリカは6月21日、『クロストレック』(日本名:『XV』)の2019年モデルを発表した。

2019年モデルには、最新の「アイサイト」を採用。ベースグレードを含めて、CVT車の全グレードで、アイサイトが選択できるようになった。

アイサイトは、フロントガラスの上部に2つのカメラを搭載。このカメラから得られたステレオ画像を処理して、前方を走行する車両、障害物、車線、その他の物体を認識する。アイサイトは、歩行者を検出することができ、衝突を軽減または回避する。特定の状況下では、アイサイトは車両を完全に停止させ、衝突を回避することができる。

クロストレックの2019年モデルでは、最新アイサイトとして、プリコリジョンブレーキ、スロットルマネージメント、アダプティブクルーズコントロール、レーン逸脱警告、レーンキープアシストなどを設定。

さらに、上級グレードのアイサイトには、ブラインドスポットディテクション、レーンチェンジアシスト、クロストラフィックアラート、ハイビームアシスト、ステアリング連動ヘッドライト、後退時の自動ブレーキ、LEDヘッドライトの高さ自動調整機能などが装備される。

また、2019年モデルでは、タイヤ4本の空気圧を、メーター内のLCDティプレイに表示するTPMSも採用されている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス