メルセデスベンツ CLS 新型、上野社長「新しいデザインを切り拓くモデル」

メルセデスベンツ CLS 新型 発表会
メルセデス・ベンツ日本は6月25日、7年ぶりに全面改良した4ドアクーペ『CLS』を発売した。直列4気筒ディーゼルエンジンと、直列6気筒エンジンにモーターを組み合わせた2種類のパワートレインがあり、価格はそれぞれ799万円、1038万円となっている。

メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎社長は同日に都内で開いた発表会で「CLSは、クーペのようなエレガントでエモーショナルンスタイリングに、4ドアセダンの快適性、実用性を融合させた、4ドアクーペという新しいカテゴリー生み出したモデルとして、2004年にデビューした。その後、このセグメントは大変盛り上がりをみせ、今日では4ドアクーペは一般的なセグメントとして確立されたといっても過言ではない。CLSもこの独特なスタイリングにより多くのお客様に大変愛され、全世界でこれまで約38万台が販売された」と、これまでのCLSシリーズの軌跡を紹介。

その上で「CLSのコアバリューは何といっても、この流麗なデザイン。『Sクラス』が、メルセデスベンツにとって、その時点での最新の技術をすべて実現させるモデルだとすると、CLSはメルセデスベンツの新しいデザインを切り拓くモデルといえる。今回のモデルチェンジでもその役割を果たし、最新のメルセデスベンツをまとって登場した」と述べた。

2つあるパワートレインのうち直列4気筒ディーゼルエンジンを搭載する「CLS220dスポーツ」について上野社長は「最高出力194馬力、最大トルク400Nmを発揮し、とても力強い加速を実現しているだけでなく、クランクケースとピストンに熱膨張率の異なる素材を使用することでシリンダー内の摩擦を低減するなど効率向上を実現した大変意欲的なディーゼルエンジン」と解説。

もうひとつの「CLS450 4MATICスポーツ」に関しては「新型直列6気筒エンジンとISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)というモーターが搭載されている。これにより効率化はもちろんのこと、トルクフルな加速感や、エンジン始動時の振動を大幅に低減するなど、走行性能や快適性能を、内燃エンジンだけでは到達できなかったレベルまで向上させており、まるで大排気量の自然給気エンジンのような感触で、とても気持ち良くドライブすることができる」とした。CLS450 4MATICスポーツの最大出力は367馬力、最大トルクは500Nmとなっている。

さらに安全運転支援システムも「Sクラスと同等の最新のものを採用」しており、先行車との車間距離や周囲の交通状況を監視してステアリングアシストを行うアクティブディスタンスアシスト・ディストロニックや、高速道路上での車線変更を行うアクティブレーンチェンジアシスト、車外からスマートフォンによる遠隔操作で自動駐車を実現するリモートパーキングアシストなどが搭載されている。

(レスポンス 小松哲也)

[提供元:レスポンス]レスポンス