スズキのインド販売、過去最高…24%増の49万台 4-6月

インド製のスズキ・スイフト
スズキのインド子会社、マルチスズキは7月1日、2018年4~6月のインド新車販売の結果を公表した。輸出を含めた総販売台数は、過去最高の49万0479台。前年同期比は24.3%増と、2桁増を達成した。

49万0479台の販売台数の内訳は、インド国内が46万3840台。前年同期比は25.9%増と好調だった。輸出は2万6639台で、前年同期比は1.9%増と微増ながら、前年実績を上回る。

車種別では、主力のAセグメントの『アルト』『ワゴンR』『セレリオ』『スイフト』『ディザイア』『バレーノ』『イグニス』『シアズ』などが、合計で34万8425台を販売。前年同期比は16.9%の伸びを示す。

バンセグメントでは、『オムニ』『イーコ』が4万4788台を販売。前年同期比は25.3%増と回復。SUVやMPVなどのユーティリティビークルセグメントでは、『エルティガ』や『Sクロス』、『ヴィターラ・ブレッツァ』を含めて、セグメント合計で6万5754台を販売。前年同期比は15.1%増と、好調を保つ。

マルチスズキの2017年度のインド新車販売は、輸出を含めた総販売台数が過去最高の177万9574台。前年比は13.4%増と、4年連続で前年実績を上回っている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス