EV航続700km!? これがBMW「i4」市販モデルだ

BMW i4 市販モデル予想CG
BMWが2017年のフランクフルトモーターショーで公開した4ドアEVサルーン『i Vision Dynamics Concept』の市販モデルを予想するレンダリングCGをスクープ班が入手した。これまでの“BMW i”ブランドデザインと一線を画するエクステリアは、市販モデルにも大きく反映されそうだ。

このモデルの車名は『i4』になると発表されており、コンパクトの『i3』、2ドアスポーツの『i8』に続く同ブランド第3の電動モデルとなる。入手したCGは、コンセプトモデルと比較してキドニーグリル、リップスポイラー、ヘッドライト、サイドミラーがリデザインされているものの、大部分の意匠が継承されるようだ。

コンセプトモデルが衝撃を与えたのは、そのパフォーマンスだ。BMW最新世代の「eDrive」テクノロジーにより、1回の充電による航続距離は、テスラ『モデル3』の最大496kmを圧倒する700km。また0-100km/h加速を4秒以内に走り抜け、最高速度は200km/h以上と発表された。

果たしてそのパフォーマンスがそのまま反映されるのか注目されるが、関係者の話では、どれもかなり近い数値となる見通しだという。またテスラと比較してコストパフォーマンスでも優位に立つと噂されている。

ワールドプレミアは、2020年秋頃と予想されている。



(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

[提供元:レスポンス]レスポンス