日立オートモティブ、可変圧縮比エンジン向けアクチュエーションシステム初出展へ…人とくるまのテクノロジー2018名古屋

日立オートモティブシステムズ(ブースイメージ)
日立オートモティブシステムズは、7月11日から13日までポートメッセなごやで開催される「人とくるまのテクノロジー展2018名古屋」に出展。自動運転・電動化関連製品や可変圧縮比(VCR)エンジンを支えるアクチュエーションシステムなどを紹介する。

同社ブースでは「Moving Forward!-人・クルマ・社会がつながる未来へ-」をテーマに掲げ、自動運転や環境規制への対応に貢献する、幅広いモビリティテクノロジー、製品・システムを出展する。

自動運転関連では、カメラやレーダーなどの周辺認識センサーを組み合わせて周囲の状況を検知する「360度センシング技術」と、検知情報を基に車両制御を行う「安全制御技術」を、ショーケースカーによる実機と映像を用いたバーチャルな演出で展示。また、管制センターからの指示により、ドライバーが立ち会うことなく目的地付近の駐車場にて自動的に駐車・出庫する「オートバレーパーキング」を紹介する。

環境規制への対応については、エンジンの熱効率を向上しクリーンで環境負荷の低減を実現する「燃費向上・高効率エンジンシステム」を展示。また、ピストン最上点の位置をシームレスに変化させることで圧縮比を最適化するVCRエンジンに搭載されているアクチュエーションシステムを初出展する。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス