【SUPER GT 第4戦】イベント広場はジャパン・カルチャーを多彩に紹介

チャン・ジャパニーズ・ストリート・フェスティバル
6月30日~7月1日にタイのチャン・インターナショナル・サーキットで開催されたSUPER GT第4戦。イベント広場では、「チャン・ジャパニーズ・ストリート・フェスティバル」と称してジャパン・カルチャーを紹介するスペースが設けられていた。

SUPER GTのイベント広場といえば、自動車メーカーや関係会社のブースが広がっているのが一般的だ。チャン・インターナショナル・サーキットでは「チャン・ジャパニーズ・ストリート・フェスティバル」として、日本食コーナーや雑貨、サブカルチャーの代表とも言えるアニメや漫画のグッズなどが並べられた。一部日本語表記に首を傾げるような飲食物もあったが、日本食がもてなされていた。また、コスプレイヤーもレースに花を添えていた。

またメインステージでは、日本でもおなじみのレースクイーンステージを開催。SUPER GTで活躍するレースクイーンが勢ぞろいした。普段はチームの紹介をして写真撮影をして終わりだが、今回はファッションショーのようにランウェイを歩き、最後は一堂に集合して写真撮影を行うなど、普段とは少し違った演出で、集まったファンに向かってアピールしていた。

(レスポンス 雪岡直樹)

[提供元:レスポンス]レスポンス