鮮やかなブルーあらわに、アウディ TT RS が早くも改良!? 新デザインへ

アウディ TT RS 改良新型 スクープ写真
アウディは2017年3月に、最強コンパクトスポーツカー『Audi TT RS』を6年ぶりにフルモデルチェンジしたばかりだが、早くもその改良新型プロトタイプをカメラが捉えた。

捉えた車両はディテールが露出し、薄くシャープになったヘッドライト、メッシュのコーナーエアインテーク、ワイドなグリル、ダイナミックなフロントバンパー、サイドスカート、リアウィングなどがリフレッシュされていることが確認出来る。

キャビンには、ソフトウェアがアップデートされるバーチャル・コックピットのインストルメントクラスターを装備。「TT」はインフォテイメント用ディスプレイを持たないため、全てはバーチャル・コックピットを通して表示される。

パワートレインは、2.5リットル直列5気筒ターボエンジンがキャリーオーバーされる。7速DCTとクワトロAWDシステムとが組み合わされ、最高出力400ps、最大トルク480Nmを発揮する。最高速度は250km/hをリミットとしているが、オプションでリストリクターを外せば280km/hまで加速し、3.6秒で100km/hに達する。

ワールドプレミアの場は、10月のパリモーターショーが有力とされている。



(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

[提供元:レスポンス]レスポンス