レンジローバースポーツ、ステアリングアシスト機能を導入…先進運転支援拡充の2019年型

レンジローバースポーツの2019年モデル
ランドローバーは7月11日、『レンジローバースポーツ』の2019年モデルを欧州で発表した。

2019年モデルでは、先進運転支援システム(ADAS)を充実させているのが特徴。アダプティブクルーズコントロールには、新たにステアリングアシスト機能が付く。

このシステムでは、アダプティブクルーズコントロールの作動中、車両が車線中央を維持するよう、ステアリングホイールの操作を支援する。この技術では、車線の白線を検出。車線変更やブレーキ時には、システムが停止する。

また、2019年モデルでは、高速域に対応した緊急自動ブレーキも導入。障害物を検出した場合にブレーキをかけることによって、衝突のリスクを軽減する。アダプティブクルーズコントロール、ステアリングアシスト機能付きアダプティブクルーズコントロールの両方に対応している。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス