開発順調? ルノー ルーテシア 次期型、仕上がりにドライバーもVサイン

ルノー ルーテシア 次期型スクープ写真
ワールドプレミアを間近に控えるルノーの欧州Bセグ・ハッチバック『クリオ』(日本名:ルーテシア)次期型プロトタイプが、現行型を引き連れて姿を見せた。

これまでで最も軽いカモフラージュで現れたテスト車両には、初めて市販型ユニットを装着した薄型ヘッドライト、大型化されたV字グリルなどが見て取れる。開発が順調なのか、サマーシーズンに入ったフランスの気候のせいか、テストドライバーはカメラに向かって余裕のVサインを見せた。

パワートレインに関する新情報も入手した。メルセデスと共同開発した1.3リットル直列4気筒ターボエンジン、「M282型」のルノー版の最高出力は150pを発揮するという。また0-100km/h加速は8秒以内というパフォーマンスを発揮する。既存の0.9リットルTCeエンジンは、新開発1リットルエンジンに置き換えられるはずだ。ギアはDCTだけでなく、5速、及び6速MTもオプション設定されるという。

次期型ではルノー日産「CFM」プラットフォームの最新バージョンが採用され、全長をキープしつつ、ホイールベースを延長。同セグメント内で最高レベルのレッグルームとヘッドルームを実現するとレポートされている。

ワールドプレミアの場は、10月のパリモーターショーと予想されている。



(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

[提供元:レスポンス]レスポンス