トヨタと豊田市、車両挙動データを活用した道路保守点検の実証実験開始へ

実証実験の概要図
トヨタ自動車は、コネクティッドカーから取得したビッグデータを活用した、道路保守点検に関する実証実験を、全国で初めて豊田市と8月1日より開始する。

道路の維持管理は、一般的に日常のパトロールや定期的な調査により行われている。道路状態の把握は、生活の利便性を保つだけではなく、事故の未然防止や地震等災害発生時の避難ルート確保など、安心・安全を提供することにつながる。

トヨタはこれまで、コネクティッドカーから取得したビッグデータを活用し、災害発生時の安全な走行のために「通れた道マップ」などを提供してきたが、車両挙動情報の分析技術を応用することで、路面の劣化状態を数値化することが可能となり、実用化に向けて開発を進めている。

今回の豊田市における実証実験では、コネクティッドカーにより取得した車両データ(交通情報プローブや車両挙動データ)を「モビリティサービス・プラットフォーム(MSPF)」上で抽出・ビッグデータ分析を行い、道路劣化情報として提供するとともに実態との相関を分析。車両の挙動情報より算出した道路劣化の指標値と実際の路面状態との整合性を、より広域の一般道で検証する。さらに、豊田市の道路保守点検業務をより高精度かつ合理的に実施できるような行政サービスの支援に向けて、同技術のさらなる改善を図る。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス