激近! サービスロード上に観戦エリアを設定 鈴鹿8耐

激近ゾーン(観戦イメージ)
29日が決勝の“コカ・コーラ”鈴鹿8耐 第41回大会で、レースの魅力であるスピードやエンジン音を間近で体感できる観戦ゾーンが設定された。目の前を300km/hになろうとする速度で走りぬけていくバイクは圧巻だろう。

場所はホームストレートアウト側サービスロードだ。名付けて「激近ゾーン」。グランドスタンドの左側でA席との間、コースでいうとスタートラインの前方、左側だ。順位が表示されるリーダータワーもすぐ近くで、ピットアウトするマシンも見えるだろう。

入場方法は、観戦券を持っていて、自身のTwitter、InstagramなどのSNSに、「 #ハンパない」「#鈴鹿8耐」「#Suzuka8hours」のいずれかのハッシュタグをつけて投稿し、ゾーン入場口で投稿画面を提示すればよい。入場可能日時は29日の12時30分~20時00分となっている。


(レスポンス 高木啓)

[提供元:レスポンス]レスポンス