日産 ノートe-POWER など5万5000台、Pレンジで動き出すおそれ 改善対策へ

日産ノートe-POWER
日産自動車は7月26日、『ノート e-POWER』および『セレナ e-POWER』の減速機に不具合があるとして、国土交通省に改善対策を届け出た。対象となるのは2017年8月9日~2018年4月27日に製造された5万5206台。

減速機の製造工程で、パーキングロックの作動確認検査方法が不適切なため、パーキングポールのシャフトが変形しているものがある。そのため、Pレンジでパーキングロックが作動する際にパーキングポールとシャフトの摺動抵抗が高くなり、パーキングロックが作動せず、最悪の場合、駐車ブレーキを掛けていないと車両が動くおそれがある。

改善措置として、全車両、パーキングロックの作動確認を行い、作動不良があった場合は減速機を良品と交換する。

不具合は18件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発覚した。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス