ルノーグループ、営業利益は5.2%増 2018年上半期決算

ルノー・メガーヌR.S.
ルノーグループ(Renault)は7月27日、2018年上半期(1~6月)の決算を発表した。

同社の発表によると、上半期のグループ全体の売上高は299億5700万ユーロ(約3兆8830億円)。前年同期の295億3700万ユーロに対して、1.4%の増加となった。

299億5700万ユーロこのうち、本業の自動車事業の売上高(ロシアのアフトワズを除く)は、268億6700万ユーロ(約3兆4825億円)。前年同期の269億9500万ユーロから、0.5%減とマイナスに転じる。

一方、上半期の営業利益は、19億1400万ユーロ(約2480億円)。前年同期の18億2000万ユーロに対して、5.2%増となった。

上半期の世界新車販売は、過去最高の206万7695台。前年同期比は9.8%増と、上半期としては5年連続で前年実績を上回った。主力の欧州市場が107万0718台を売り上げ、前年同期比は4.4%増と堅調だった。

ルノーのカルロス・ゴーン会長兼CEOは、「ルノーグループは不安定な経済環境の中で、上半期の新しい業績を達成した。この結果は、各市場に合った戦略、新製品の成功、従業員全員のコミットメントによるもの」と述べている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス