マクラーレン セナ、量産第一号車を納車…800psで最高速340km/h

マクラーレン セナの量産第一号車
マクラーレンオートモーティブは7月27日、新型スーパーカー、マクラーレン『セナ』の量産第一号車を顧客に引き渡した、と発表した。

マクラーレン セナは、伝説のF1ドライバー、故アイルトン・セナの名前を冠したスーパーカー。ミッドシップに4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。最大出力800ps、最大トルク81.6kgmを発生する。このスペックは、マクラーレンの内燃機関搭載の市販車としては、史上最強となる。トランスミッションは7速デュアルクラッチ。

また、第3世代の「カーボンファイバーモノケージ」の採用をはじめ、すべてのボディパネルをカーボンファイバー化。これにより、車両重量は『マクラーレンF1』(1993~1998年)以来、最も軽量な1198kgとした。パワーウェイトレシオは、およそ1.49kg/ps。

マクラーレン セナの動力性能は、0~100km/h加速2.8秒、0~200km/h加速6.8秒。最高速は340km/hに到達と、世界屈指の性能を備えたスーパーカーになる。

今回、マクラーレンセナの量産第一号車を顧客に引き渡し。英国ロンドン在住のデビッド・キテ氏に、アイルトン・セナのサインなどが添えられた特別なMSO仕様のセナが納車された。同氏は早速、およそ1400kmをドライブする、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス