MINI世界販売、3.2%減の9万台 2018年第2四半期

MINI クロスオーバー
BMWグループのMINIは8月2日、2018年第2四半期(4~6月)の世界新車販売の結果を公表した。総販売台数は9万5055台。前年同期比は3.2%減だった。

上半期の車種別販売実績では、新型『カントリーマン』(日本名:新型MINI『クロスオーバー』)が好調。4万8692台を売り上げ、前年同期に対して、39.8%増と大きく伸びる。

一方、主力のMINI『ハッチバック』は、前年同期比7%減の9万0962台と後退。新型『クラブマン』も20.9%減の2万3622台、MINI『コンバーチブル』も2.9%減の1万8154台と落ち込む。

MINIの2017年の世界新車販売台数は、過去最高の37万1881台。前年比は3.2%増と、3年連続で前年実績を上回っている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス