ランボルギーニ アヴェンタドール に770hpの『SVJ』…ペブルビーチ2018

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ
ランボルギーニは8月24日、米国で開幕した「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス2018」(Pebble Beach Concourse d’Elegance)において、『アヴェンタドールSVJ』(Lamborghini Aventador SVJ)を初公開した。

SVJは2015年春、ジュネーブモーターショー2015でワールドプレミアされた「LP750-4 SV」の後継モデルとなる。そのLP750-4 SVは、「LP700-4」をベースに開発された最強グレードだ。車名の「SV」とは、スーペルヴェローチェ(英語でスーパーファスト)を意味し、ランボルギーニの高性能車に冠されてきた伝統のネーミングである。

LP750-4 SVのミッドシップに搭載される6.5リットルV型12気筒ガソリンエンジンには、専用チューニングを実施。最大出力は、プラス50hpの750hp/8400rpmを獲得する。

LP 750-4 SVの後継モデルとして、ペブルビーチ2018でワールドプレミアされたのが、アヴェンタドールSVJだ。最新の「S」(最大出力740hp)をベースに、さらなるパフォーマンスを追求した。

6.5リットルV型12気筒ガソリンエンジンには、専用チューニングを実施。最大出力は770hp/8500rpmに引き上げられた。最大トルクは73.4kgm/6750rpm。車両重量は1525kgに抑えられ、0~100km/h加速2.8秒、最高速350km/hの性能を実現している。

アヴェンタドールSVJは限定900台が生産される予定だ。

さらに「SV63」もSVJと同時に発表された。「63」はランボルギーニ創業の1963年にちなむ。車体各所にカーボンファイバーを多用した特別仕様で、63台を生産する予定だ。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス