アウディの次世代EVスポーツ、ディスプレイに理想のコーナーラインを表示

アウディ PB18 e-tron(ペブルビーチ2018)
アウディは8月24~26日、米国で開催された「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス2018」(Pebble Beach Concourse d’Elegance)で初公開した『PB18 e-tron』(Audi PB 18 e-tron)に、最新のコネクティビティを採用すると発表した。

PB18 e-tron は、次世代のEVスポーツを提案するコンセプトカー。3個のモーターのトータル出力は、680hp。ブーストモードでは、一時的にパワーを775hpに引き上げることが可能。84.6kgmもの最大トルクとの組み合わせで、0~100km/h加速2秒以下、最高速300km/h以上の性能を発揮する。

このPB18 e-tronに採用されるのが、最新のコネクティビティ。ドライバーの正面には、透明なOLEDディスプレイが装着される。このディスプレイには、次のコーナーの理想的な走行ラインを表示させることが可能。このラインは、ナビゲーションや車載エレクトロニクスのデータをベースに制御される。その一方で、公道走行時には、ナビゲーションシステムの矢印や他のシンボルマークが、ヘッドアップディスプレイのような方法で、ドライバーの視界内に表示される。

また、大型のコックピットディスプレイは、自由にプログラム可能なユニットとして設計されている。利用状況に応じて、サーキットや公道用の様々なレイアウトに切り替えることができる。

さらに、PB18 e-tronは、アウディワイヤレスチャージング(AWC)による非接触充電にも対応。これは、車両を駐車する路面に内蔵コイルを持つ充電パッドが配置されており、それを電源に接続することによって行う。交流電流の磁場により、空間を隔てて、車両のフロアに設置された2次コイルに交流電圧を生み出す、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス