VWグループ、自動運転技術の実用化を加速…独企業に出資

FDテック社の公式サイト
フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は8月29日、自動運転技術を開発するFDテック社に出資した、と発表した。

FDテック社は2007年、ドイツ・ザクセン州のケムニッツに設立。自動運転のためのソフトウェアやシステムの開発を手がける。ネットワーク化された自動運転モビリティを、誰でも利用できるようにすることを目指している。

フォルクスワーゲングループは、次世代のフォルクスワーゲン車に高度な自動運転技術を搭載する計画。 FDテック社への資本参加を通じて、自動運転テクノロジーの実用化を加速させていく方針。

フォルクスワーゲンは2020年、次世代電動車「I.D.ファミリー」の最初の市販車として、『ゴルフ』セグメントに属するコンパクトな4ドアEVの『I.D.』を投入する予定。このI.D.ファミリーの車種ラインナップ拡大に合わせて、自動運転技術の実用化を目指す。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス