三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保、ドラレコ活用の新自動車保険発売へ

衝撃を検知したドライブレコーダーから録画映像を自動的に 送信
MS&ADインシュアランスグループの三井住友海上とあいおいニッセイ同和損保は、ドライブレコーダーを活用して安全運転をサポートする新自動車保険「見守るクルマの保険(ドラレコ型)」の販売を2019年1月以降始期契約から開始すると発表した。

両社はこれまで、スマートフォン専用アプリと専用車載器を使った安全運転支援型の自動車保険を取り扱ってきたが、新自動車保険では、JVCケンウッドの通信型ドライブレコーダーおよび最新のテレマティクス技術を活用。万一事故が発生した場合に、衝撃を検知したドライブレコーダーから保険会社へ録画映像を自動的に送信。送信された録画映像を見ることにより事故状況を的確に把握し、状況を踏まえた効果的なアドバイスを実施し、迅速な解決を図る。

事故対応をサポートする「事故緊急自動通報サービス」もバージョンアップを図った。ドライブレコーダーが大きな衝撃を検知すると、位置情報や衝撃検知時の映像を自動的にコールセンターへ送信。専任オペレータがドライバーに安否確認の電話連絡を行うほか、映像から初期対応のアドバイスやレッカー・救急車の手配を行い、迅速かつ的確にサポートする。さらに、前方衝突や車線逸脱等の危険な運転を認識してアラートを発信するなど、ドライバーの安全運転をサポートする。

商品名は三井住友海上が「GK 見守るクルマの保険(ドラレコ型)」、あいおいニッセイ同和損保は「タフ・見守るクルマの保険(ドラレコ型)」となる。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス