ケンウッド、後方や車室内の録画もできる2カメラドラレコ2機種を発売へ

ケンウッド DRV-MR740
ケンウッドは、スタンドアローン型ドライブレコーダーの新商品として、後方や車室内の録画もできる2カメラ搭載の「DRV-MR740」および「DRV-MP740」を10月上旬より発売する。

急速に普及が進むドライブレコーダーだが、これまでの「万一の事故に遭遇した時への備え」に加えて、車内外のさまざまなトラブルからの「自衛手段」としてのニーズも高まってきた。ケンウッドはこのようなニーズの変化に対応すべく、前方と後方の同時録画に対応する「DRV-MR740」および、前方と車室内の同時録画に対応する「DRV-MP740」の2モデルを発売する。

DRV-MR740はメインユニット(前方用カメラ)と後方用の2ndカメラで、前方に加え、後方の車の動きなど、前後の状況を同時に録画できる。またDRV-MP740は前方に加え、車室内の録画に対応する。車室内用カメラは赤外線LEDを搭載し、光量の少ない夜間やトンネル内などでの車内映像録画も可能。トラック、タクシーなど業務車両に適した製品となる。

新製品は、2カメラともF1.8の明るいレンズを採用するとともにフルハイビジョン録画に対応。ナンバープレートや標識など、より細部まで高精細に録画する。また、車載電源ケーブル(別売)を使用することで、最大24時間の長時間駐車監視録画にも対応する。

価格はオープン。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス