配車アプリ「全国タクシー」、韓国のモビリティプラットフォーム「カカオT」と提携

ジャパンタクシーとカカオモビリティが提携
配車アプリ「全国タクシー」(9月12日より「JapanTaxi」)を展開するジャパンタクシーは、韓国最大のモビリティプラットフォームを運営するカカオモビリティと資本業務提携契約を締結。カカオモビリティより15億円の出資を受けたことを発表した。ジャパンタクシー初の海外企業からの資金調達となる。

全国タクシーは2011年、日本初の配車アプリとしてスタート。アプリマップ上で指定したピン位置にタクシーを手配でき、ネット決済によるキャッシュレス降車ができるなど、利便性の高さがユーザーの支持を集め、現在「アプリでタクシーを呼ぶ」スタイルは、都市部のビジネスパーソンを中心に定着している。また、英語・中国語・韓国語への対応や、外部地図アプリとも連携し、日本を訪れる海外ユーザーにも多く利用されている。

今回、資本業務提携を結ぶカカオモビリティは、韓国最大のモビリティプラットフォーム「カカオT」を運営。カカオTはタクシー、高級タクシー、代行運転、駐車、ナビゲーションなど、様々なモビリティサービスを展開している。その中でもタクシー配車サービス「カカオTタクシー」には、韓国タクシー乗務員の96%に当たる24万人が加入。ユーザーは1900万人を超えている。

ジャパンタクシーでは、シームレスなアプリ利用を目指し、 2017年5月にカカオモビリティの親会社であるカカオと業務締結を実施。今回、さらに包括的に両社のノウハウを共有し、ユーザーにとって便利で快適なモビリティサービスを提供すべく、年内の連携開始に先んじて資本業務提携契約を行うことを決定した。今後は、ユーザーが普段から慣れ親しんだアプリで、日本と韓国どちらでもタクシー配車が気軽に行えるよう、両社のアプリ連携開発を進めていく。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス