ホンダ NSX、燃料漏れのおそれなどでリコール

ホンダNSX(参考画像)
ホンダオブアメリカは9月6日、『NSX』のハイマウントストップランプおよび燃料タンクに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2016年8月8日~2018年6月11日に製造された362台。

ハイマウントストップランプについては、内部基板のプリント配線の位置設定が不適切なため、走行中の振動により基板を固定するねじとプリント配線が干渉するものがある。そのため、ブレーキ操作を行うと電源回路がショート。ハイマウントストップランプだけでなく、メータ内警告灯、マルチインフォメーションディスプレイの警告表示、ブレーキランプが不灯となるほか、エンジン始動ができなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、ハイマウントストップランプを対策品と交換する。不具合および事故は起きていない。海外市場からの情報により届け出た。

燃料タンクについては、溶着設備の条件設定が不適切なため、左右燃料タンクを連結するクロスオーバーインレットの接合面が部分的に溶け込み不足となっているものがある。そのため、走行中の振動等により接合面が剥離し、燃料が漏れるおそれがある。

改善措置として、全車両、左右燃料タンクを良品と交換する。不具合は2件発生、事故は起きていない。市場からの情報により届け出た。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス