ZF、大型トラック向け先進運転支援発表へ…センサーとカメラで巻き込み事故防止

ZFのターンアシストシステム
ZFは9月12日、ドイツで9月19日に開幕するハノーバーモーターショー2018(IAA商用車)において、新開発の先進運転支援システム(ADAS)「ターンアシストシステム」を初公開すると発表した。

ターンアシストシステムは、大型トラックの巻き込み事故を防止するための先進運転支援システム(ADAS)。トラックに2つのレーダーセンサーを装着。歩行者や自転車が死角や衝突ゾーンに近づくと、すぐにドライバーに警告する。カメラ画像を使った「サイドビジョンアシストシステム」が、歩行者や自転車を検知する。

さらに、このシステムは積極的にステアリングシステムを作動。必要に応じて緊急ブレーキを作動させることができる。6個のカメラが常時、車両周囲をモニター。車内のディスプレイに情報を表示する。

ZFによると、このシステムでは将来の自動運転トラックの実現につながる技術になるという。ZFは「ZF ProAI」がトラックの周囲を認識し、リアルタイムで道路状況を評価し、必要に応じて対応する、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス