ヘリコプター搭乗券付きプレミアムチケット、9月23日より発売 鈴鹿サウンド・オブ・エンジン

プレミアムエリア ヘリコプターイメージ
鈴鹿サーキットは、11月17~18日に開催するヒストリックイベント「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2018」の前売りチケットを9月23日10時より公式オンラインショップやコンビ二などで発売する。

SUZUKA Sound of ENGINEは、鈴鹿サーキットを舞台に、国内はもとより世界のモータースポーツシーンに影響を与えた二輪、四輪のレーシングマシンが集結。さらにレジェンドドライバー、ライダーたちが、様々なカテゴリーのヒストリック・レーシングマシンを走らせる。今回、鈴鹿サーキットでは、専用観戦エリアと多彩な特典が付く「VIPスイート・プレミアム」や「ホスピタリティラウンジ」に加え、新たなプレミアムエリアチケットを用意する。

「ヘリコプター搭乗券付きチケット」は、VIPスイート・プレミアム、ホスピタリティラウンジのそれぞれの特典に加え、ヘリコプターの搭乗券もついたスペシャルなチケット。普段は観ることのできない上空からのコースを楽しむことができる。料金はヘリコプター搭乗券付きVIPスイート・プレミアムが前方座席3万2500円、後方座席2万9500円。ヘリコプター搭乗券付きホスピタリティラウンジが前方座席2万2500円、後方座席1万9500円、子ども(小学生)は後方座席のみで1万3500円。

「パドックプラス」は、出走前のマシンが並ぶグリッドウォークやピットウォークに参加できるチケット。2コーナーイン側の「激感エリア」とピットビル3階のホスピタリティテラスからも観戦できる。料金は17日1日券が1500円、18日1日券が2000円、2日間通し券が2800円。

また一般のイベント観戦1日券は大人2500円、中高生~3歳までは入園料で観戦可能。イベント観戦2日券は大人3500円、中高生1700円、小学生800円、3歳~未就学児600円。

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

[提供元:レスポンス]レスポンス