ポルシェ 718ボクスター 最強モデル、公開スタンバイ!「PCCB」装着にルーフ全開

ポルシェ 718 ボクスター スパイダー スクープ写真
ポルシェ『718ボクスター』に初めて設定される最強モデル、『718ボクスター スパイダー』の最終プロトタイプをカメラが捉えた。これまでぼんやりと塗りつぶされていた、ボンネットに輝くエンブレムや、リアの「PORSCHE」ロゴがついに露出した。

フロントバンパーのコーナーエアインテークに装着されるLEDデイタイムランニングライトや、エキゾーストパイプにテープが貼られているが、『911』新型プロトタイプでも見られた最高級ブレーキシステム「PCCB」(ポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ)を装着しており、もう公開の準備は完了といったところだろう。

さらに最新スパイショットでは、面白い事に気づいた。前回捉えたプロトタイプは赤いファブリックルーフを装着していたが、今回はルーフが全開。その代わりなのか、テストドライバーが赤いキャップをかぶっている。これは偶然だろうか、シャレだろうか。

「スパイダー」の心臓部には、6速MT及びオプションのPDKと組み合わされる4リットル直列6気筒水平対向エンジンを搭載し、最高出力は400ps程度を発揮すると見られる。これは「GTS」の365psや先代スパイダーの375psから大幅なパワーアップとなり、史上最強「ボクスター」の誕生となる。

さて、注目は登場時期だ。同じくワールドプレミアを控える『718ケイマン GT4』と同時公開の予想もされていたが、ここへきて発表がずらされる可能性が噂されている。また新型『911』が11月のロサンゼルスモーターショーで発表される可能性が高く、718系が同時とは考えにくいが果たして。



(レスポンス 子俣有司@Spyder7)

[提供元:レスポンス]レスポンス