デンソー、AIを搭載したロボットを展示へ…ワールドロボットエキスポ2018

COBOTTA
デンソーは、10月17日から21日に東京ビッグサイトで開催される「ワールドロボットエキスポ2018」に出展する。

デンソーとグループ会社のデンソーウェーブが共同開発した「COBOTTA」と、エクサウィザーズが開発したAI(人工知能)を組み合わせ、これまで専門の開発者が作成していたロボット制御プログラムをAIによるディープラーニングに置き換え、AIで動作を制御するCOBOTTAを展示する。

ブースでは、COBOTTAが指定のパレットから正しい順序で部品を取り、ミニカーを組み付けるデモを行う。また、COBOTTAが設定された任意の重さの塩を量るデモも実施する。

10月18日には、ワークショップ会場で、COBOTTAの開発背景やコンセプト、COBOTTAのデモについて紹介する講演も行う。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス