VW ザ・ビートル 最終モデル、8年の歴史に幕…ロサンゼルスモーターショー2018

VW ザ・ビートル のファイナルエディション
フォルクスワーゲンはロサンゼルスモーターショー2018において、『ザ・ビートル』(Volkswagen The Beetle)の「ファイナルエディション」を初公開した。

ザ・ビートルは『ニュービートル』の後継モデルとして2011年春、中国で開催された上海モーターショー2011で発表された。ザ・ビートルのデザインは、「ビートル」の愛称で親しまれたオリジナルの『タイプI』のシルエットを色濃く反映したもので、フロントからリアへ続く緩やかなカーブはタイプIを連想させる。レトロとモダンを融合させつつ、スポーティなデザインにした。

ロサンゼルスモーターショー2018では、このザ・ビートルのファイナルエディションが初公開された。このファイナルエディションの最後の1台がラインオフする2019年7月をもって、ザ・ビートルは生産を終了する。

ファイナルエディションは、ザ・ビートルのクーペとカブリオレに設定され、「SE」と「SEL」の2グレードがある。2003年の『Ultima Edicion』から着想を受けた仕様になる。ボディカラーはピュアホワイト、ディープブラックパールエフェクト、プラチナグレーに加えて、専用色のベージュ、ライトブルーを設定する。ファブリックルーフはブラウンでコーディネートされ、テールゲートには「ビートル」の文字が添えられている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス