アストンマーティンが旧車を「カセット方式」でEV化、将来の内燃機関車の登録禁止に対応

アストンマーティン DB6 ヴォランテ(1970年式)をEV化
アストンマーティン(Aston Martin)は12月5日、同社のクラシックモデルをEV化する「EVパワートレインコンセプト」の第一号車を発表した。

アストンマーティンは電動化への取り組みを強化している。『ラピード』をベースにしたEV、『ラピードE』を2019年に量産化する予定で、その後、世界初の高級電動車ブランドの「ラゴンダ」の高性能EVも投入する計画を掲げている。

アストンマーティンは、この電動化戦略の一環として、クラシックモデルをEV化するEVパワートレインコンセプトの第一号車を発表した。まずはアストンマーティンの名車のひとつ、1970年式『DB6ヴォランテ』をEV化した。アストンマーティンによると将来、内燃機関車の登録が禁止された場合でも、クラシックカーを走行させられるソリューションを目指して開発したという。

アストンマーティンは、「カセット方式」と呼ぶEVパワートレインを開発した。これは、ラピードEのノウハウを応用したもので、オリジナルのエンジンやトランスミッションの場所に、モーターやバッテリーなどのEVパワートレインを搭載する。オーナーが希望すれば、元のパワートレインに戻すことができるという。

アストンマーティンのアンディ・パーマー社長兼CEOは、「クラシックカーの使用が今後制限される可能性を認識している。アストンマーティンの次の100年計画では、新型車だけでなく、貴重なヘリテイジモデルを保護していく」と述べている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス