運転中のスマホ操作の罰則を大幅に厳罰化へ 警察庁がパブリックコメント募集

イメージ (AC)
警察庁は12月25日、運転中の携帯電話使用に対する罰則を強化するための道路交通法改正試案に対する一般からの意見を募集すると発表した。

スマートフォンの普及に伴って自動車やオートバイの運転中、携帯電話での通話や、携帯電話やカーナビの画面を注視していたことが原因の交通事故は増加傾向にある。2017年中は2832件で5年前の約1.5倍に増えている。携帯電話使用違反は、年間90万件以上の取締りを実施しており、違反全体の取締り件数の約14%を占めている。

携帯電話使用に起因する悲惨な交通事故を防止するため、携帯電話使用に関する罰則を強化する。

携帯電話使用・交通の危険については現行の3月以下の懲役または5万円以下の罰金から1年以下の懲役または30万円以下の罰金とする。携帯電話使用・保持については現行の5万円以下の罰金から6月以下の懲役または10万円以下の罰金とする。

反則金も引き上げる。携帯電話使用・保持に対する反則金の限度額を、大型自動車については現行の1万円から5万円に、普通自動車は8000円から4万円に、小型特殊自動車は6000円から3万円に引き上げる。携帯電話使用・交通の危険は非反則行為とする。

さらに、携帯電話使用・交通の危険違反で、交通事故を起こして人を死亡、または傷つけた場合、免許の効力の仮停止の対象とする。

(レスポンス レスポンス編集部)

[提供元:レスポンス]レスポンス