ヴァレオ、自動運転見据えたV2Xシステム発表へ…CES 2019

ヴァレオのCES 2019ブースイメージ
ヴァレオ(Valeo)は、米国ラスベガスで1月8日に開幕するCES 2019において、テレマティクスプラットフォームに統合されたV2X(車車間・路車間通信)システムを初公開すると発表した。

このシステムは、イスラエルに本拠を置くオートトーク社と共同開発された。オートトーク社は、V2X向けのコンピューターを手がけている。

CES 2019では、ヴァレオのテレマティクスプラットフォームをベースに、オートトーク社のV2X技術を統合したシステムを初公開する予定だ。CES2019の会場では、専用短距離通信のDSRCと、C-V2Xを切り替えるライブデモを行う。

ヴァレオは、オートトーク社のV2Xソリューションをヴァレオの先進運転支援システム(ADAS)ポートフォリオに組み合わせることで、自動運転車をより安全に走行させる強固な基盤になる、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス