パナソニックのV2Xオープンプラットフォーム…CES 2019

パナソニックのV2X(車車間・路車間通信)プラットフォーム、「CIRRUS by パナソニック」のイメージ
パナソニック(Panasonic)の米国部門は1月7日、米国ラスベガスで1月8日に開幕するCES 2019のプレビューにおいて、V2X(車車間・路車間通信)プラットフォーム、「CIRRUS by パナソニック」を発表した。

CIRRUS by パナソニックは、パナソニックが開発したV2Xオープンプラットフォームだ。パナソニックは自動車、インフラ、道路、交通事業者がリアルタイムにデータを共有することで、道路上の安全性と移動性を向上させることを目指す。

CIRRUS by パナソニックでは、クラウドを使用して、リアルタイムで実用的な情報をドライバーに提供する。これにより、コネクティッドモビリティの世界を実現していくという。

CES 2019のパナソニックブースでは、CIRRUS by パナソニックのネットワークオペレーションセンターを再現する予定だ。パナソニックがコロラド州運輸省と共同で実施している実証実験の一部を、デモンストレーションを通じて紹介する、としている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス