ランボルギーニ世界販売51%増、ウルス 効果で新記録…日本は3位 2018年

ランボルギーニ・ウルス
ランボルギーニ(Lamborghini)は1月10日、2018年の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は新記録となる5750台で、前年比は51%増と大きく伸び、8年連続で前年実績を上回った。

全販売台数5750台のうち、『ウラカン』が最多の2780台を占めた。前年比は5%増とプラスを維持する。『アヴェンタドール』は1209台を販売した。前年実績に対して3%増と、堅調だった。

また、新型SUVの『ウルス』は2018年7月の市場投入以来、およそ半年で1761台を販売している。

市場別では、米国が前年比45.7%増の1595台で引き続き最量販に。以下、英国が80%増の636台、日本が36%増の559台、ドイツが53%増の463台、中国が29%増の342台、カナダが50%増の316台と伸びている。

(レスポンス 森脇稔)

[提供元:レスポンス]レスポンス